« ワード機能を使いこなそう。 | トップページ | 変数の設定ミスエラーの回避方法 »

2008年8月 9日 (土)

参照番号の削除

半角括弧で囲まれた参照番号(例: (10), (100a) など)を削除するマクロです。「referencenumeral.dot」をダウンロード 

Referencenumeral ●作用
「参照番号を探して選択するボタン(イメージ中の左側ボタン)」と「選択された参照番号を削除して次の参照番号を選択するボタン(イメージ中の右側ボタン)」の組み合わせにより、参照番号を確認しながら削除していきます。

●用途
英文の特許クレームを作成するときに、内容の整合性を確認するために構成要素に参照番号をつけます。確認終了時に、参照番号だけを削除するときにこのプログラムを用います。

●プログラムの特徴
検索対象: 半角スペース+半角括弧+0文字以上の文字列+半角括弧とじ
削除ボタンは、上記の検索対象が選択されていない場合は作動しないようにしました。

|

« ワード機能を使いこなそう。 | トップページ | 変数の設定ミスエラーの回避方法 »

マクロテンプレート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519619/42117222

この記事へのトラックバック一覧です: 参照番号の削除:

« ワード機能を使いこなそう。 | トップページ | 変数の設定ミスエラーの回避方法 »