« timerのプログラム | トップページ | 日付の表示を変換するプログラム »

2008年8月31日 (日)

簡易タイマー

1分から60分までの設定した所定時間が経過するとお知らせするタイマーです。時間を告知したときに、繰り返すかの終了するのかを選択できるので、インターバルでの告知が可能です。「timer.dot」をダウンロード

●用途
パソコンをにらんで仕事をしていると、ついつい時間がたつのを忘れてしまいがちです。休憩のリズムの維持や集中力の維持のために使えます。または、○分後の用事のリマインダとしても使えると思います。

●使用方法

①マクロの実行ボタンについて
Timer3 テンプレートをインストールして設定すると、左のようなアイコンがツールバーに現れます。このアイコンは、ワード2003に付属のボタンイメージ集から選びました。外のアイコンに変更したい方は、「Wordで実践」のP284、もしくは、「自分で作るWordマクロ(1)」のP42をご覧ください。

②タイマー時間の設定について
Timer1 上記のボタンを押すと、時刻設定のメッセージボックスが表示されます。デフォルトで60分が表示されますが、半角でも全角でもかまいませんので、1以上60以下の数値を入力してください。

③インターバル設定について
Timer2 設定した時間が経過すると、左のようにメッセージボックスが表示されます(イメージは、設定時間を1分にした場合)。ここで、「はい(Y)」ボタンを押すと、再度1分後に同じメッセージが表示されます。「いいえ(N)」ボタンを押すと、タイマーは終了します。

●工夫
public というファンクションを使いました。
このタイマーは、(A)タイマー時間の設定プログラムと(B)時間告知プログラムの二つのプログラムから成り立っています。(A)プログラムで設定した時間変数を別のプログラムである(B)プログラムで使うために、時間変数を外のプログラムからもアクセスできるようにするためにpublicで定義しました。興味がある方は、プログラムをご覧ください。

|

« timerのプログラム | トップページ | 日付の表示を変換するプログラム »

マクロテンプレート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519619/42334781

この記事へのトラックバック一覧です: 簡易タイマー:

« timerのプログラム | トップページ | 日付の表示を変換するプログラム »