« マクロ虎の巻 | トップページ | 右クリックでUS特許のPDFファイルの取得 »

2008年8月 4日 (月)

キーワードを囲い文字にする

翻訳原稿中のキーワードをあらかじめ囲い文字にしておき、印刷時や画面中で確認しやすくするプログラムです。8月2日に一度公開しましたが、不備があったので、8月4日に再度公開いたします。

rangeを用いたプログラムを作成したのですが、条件によってはうまく作動しないことに気がつき、selectionのプログラムに書き換えました。原因はよくわかりません。失礼いたしました。

「keywordborder.dot」をダウンロード 

●作用
「キーワードリスト.doc」というファイルに、あらかじめ囲い文字にしたいキーワードを登録します。登録のしかたは、キーワードを記入して、直後で改行します。キーワードリスト.docは、開いたままにしておきます。

Keywordlist

原稿を表示させて、このマクロを実行(イメージの左端『A』をグレーの線で囲ったボタンをクリック)すると、原稿中のキーワードリストに記載されている単語すべてが囲い文字になります。

●用途
特許翻訳をする場合に、発明のポイントの確認やクレームの用語の実施例中での使われ方を確認するときに使っています。

●プログラム解説
Wordで実践やさしくて役に立つ「マクロ」事例集 のP99を参考にしました。

また、「キーワードリスト.doc」が開かれていない場合に、警告メッセージを発するように工夫してみました。詳細はこちらへ

|

« マクロ虎の巻 | トップページ | 右クリックでUS特許のPDFファイルの取得 »

マクロテンプレート」カテゴリの記事

コメント

膨大な用語リストはあるけれど、Trados + MultiTermを使う必要のない文書の用語をチェックするのに便利ですね。

私の場合、リストに登録できる単語数は100では少なかったので、500にしてみました。英語の場合、余計なものを拾ってしまうところもありましたが、まあそれは無視すればいいので、問題ないです。

ありがとうございました。

投稿: | 2009年1月24日 (土) 14時34分

コメントをありがとうございました。お役に立てて何よりです。

本マクロは、下記に掲載したURLのとおり、アップデートされていますので、よろしければこちらもご利用ください。

http://wordvba.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-45bb.html

なお、「英語の場合、余計なものを拾ってしまう」とのことでしたが、ひょっとしたら、検索語のあとに半角スペースを入れると、ある程度解消されるかもしれないので、お試しください。

もし、すでにそのような対策をされているのであれば、それ以上の精度をあげるのは、現段階では難しいですね。

「charger」 のキーワードが「turbocharger」の一部も拾ってしまうということですね。

これはまだ対策思いつきません。

日本語のチェックだけを考えていたので、英語での使用のヒントをいただき、どうもありがとうございました。

投稿: 管理人 | 2009年1月25日 (日) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519619/42039122

この記事へのトラックバック一覧です: キーワードを囲い文字にする:

« マクロ虎の巻 | トップページ | 右クリックでUS特許のPDFファイルの取得 »