« キーワードを囲い文字にする | トップページ | 右クリックでUS特許のPDF化 »

2008年8月 6日 (水)

右クリックでUS特許のPDFファイルの取得

7月22日に公開したマクロの修正版です。

マニアックなマクロを作成しました。

●参考画像

Usppdf_2

よく、翻訳時に英語表現を調べるためにUSPTOの特許を調べます。USPTOの特許検索は、キーワードを入力して詳細に調べることができて便利です。

そのときに、図面を見ながら内容を深く読みたくなる特許があるのですが、USPTOの検索サイトからは一括して特許公報をダウンロードできません。(1ページづつのダウンロードはできますが、時間がかかります。)

よって、USPTOで調べた特許番号(○,○○○,○○○の7桁)をもとに、欧州特許庁のEsp@cenetにて特許公報のPDFファイルを入手しています。

実際にこのページで番号を入力して、検索をすればいいのですが、

・7桁の番号をUS○○○○○○○とコンマを除いて入力しなおすのが手間
・目的のページ(ダウンロードのためのパスワード入力画面)まで最低5クリック
・一つ一つのページの表示に時間がかかり、5クリック分でも案外時間がかかる

というわけで、ページ表示の待ち時間をなくせるように、簡単にしてみました。

この作業を右クリックで一瞬にして行うのが、今回のマクロです。
こちらからダウンロードしてください。

「USPPDF.dot」をダウンロード 

ワードのスタートアップフォルダかテンプレートフォルダに入れてご利用ください。

●使い方
①ワードに特許番号(○,○○○,○○○の7桁)をはりつけて、その番号を選択
②右クリックしてメニューにあわられた「US特許のPDF化」を選択します。

●留意点
①7桁のコンマが2つついた数値を選択していることを前提にしたプログラムです。それ以外の数値の時にはエラーメッセージが出ることがあります。
②インターネットのブラウザが2サイト分開きます。二つ目に開く画面に、パスワード入力画面が表示される仕組みになっています。(1つ目のサイトを開かないとパスワード入力画面が開かないので、仕方なく2つの画面を開く仕組みにしました。)

②1回目のプログラムの実行では、パスワード画像が表示されないことがあります。あきらめずに、2回以上繰り返してください。データ取得のパスワード画像を表示するためには、所定時間内に最低1回は欧州特許庁のサイトにアクセスしておく必要があるようです。右クリック1回でブラウザが1つ立ち上がります。

プログラムはこちらへ

|

« キーワードを囲い文字にする | トップページ | 右クリックでUS特許のPDF化 »

マクロテンプレート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519619/41930362

この記事へのトラックバック一覧です: 右クリックでUS特許のPDFファイルの取得:

« キーワードを囲い文字にする | トップページ | 右クリックでUS特許のPDF化 »