« テキスト貼り付け(右クリックとボタン) 修正しました。 | トップページ | 文末、文頭へのカーソル移動 »

2008年11月14日 (金)

"文書は保存されましたが、音声認識データを保存する十分な空き領域がないため、データは失われました"表示の対処マクロ

Word2003を使っていると、たびたび遭遇する上記のエラーメッセージ。

対処方法は、マイクロソフトのサポートサイトに記載されています。

「方法2」で全てのファイルについて表示が出ないようにしたいのですが、セーフモードの起動があったりと少し手間に感じます。

そこで、簡単なマクロを作りましたので、この表示がわずらわしいなと思っている方、お使いください。

●作用
既存のファイルを開くときに、「自動的に言語データを埋め込まないように設定」します。
新しいファイルを開くときには、設定が実行されませんので、ご了承ください。

●プログラム
AutoOpen というコマンドを使ってみました。これは、既存のファイル(文書)を開くときに自動的にマクロを実行するという命令です。

Normalテンプレートに保存しておけばいいと思います。

Sub AutoOpen()

If ActiveDocument.EmbedLinguisticData = True Then
    ActiveDocument.EmbedLinguisticData = False
End If

End Sub

|

« テキスト貼り付け(右クリックとボタン) 修正しました。 | トップページ | 文末、文頭へのカーソル移動 »

マクロプログラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519619/43076114

この記事へのトラックバック一覧です: "文書は保存されましたが、音声認識データを保存する十分な空き領域がないため、データは失われました"表示の対処マクロ:

« テキスト貼り付け(右クリックとボタン) 修正しました。 | トップページ | 文末、文頭へのカーソル移動 »