« mougモーグの掲示板の紹介 | トップページ | タブ削除について(報告) »

2008年12月20日 (土)

段落番号の削除

段落番号を自動で削除するプログラムです。「paraRemove.dot」をダウンロード

(2009年2月21日に、本プログラムの改訂版をアップしました。こちらをどうぞ。)

一つ一つの段落番号を抜き出して、そのつど別ファイルに貼り付けているため、ページの切り替えが多く処理に時間がかかりますが、使い勝手はいいのでそのまま公開します。

●作用

Pararemove1 段落番号を削除したい文書を開いて、左の「P」のボタンをクリックするとプログラムが実行されます。


[0001]など、半角で記された段落番号4桁を削除します。

検索対象は、.Text = "[[]([0-9]{4,4})[]]^13" です。

つまり、”]”(スクウェアーブラケット)の直後で改行されている必要があります。

具体的には、下記の記載の場合においてアンダーバーが半角スペースだとすると、[0001]は削除されますが、[0002]は削除されません。

[0001]
[0002]_

削除された段落番号は、「段落番号書出し用ファイル」というファイル名の文書に貼り付けられます。このファイルは、テンプレートフォルダに保存されますが、削除してもかまいません。毎回同じ名前で保存しますので、削除しなかった場合には、前回のファイルに上書きで保存されていきます。

●用途
英文明細書作成時に、日本語との対応関係の確認のために、段落番号を入れます。しかし、納品時もしくは出願時には不要となることもあり、段落番号を全て削除します。

●工夫
段落番号の削除は一括置換でも可能ですが、削除する段落番号を別ファイルに書き出して目視確認できるようにしました。

また、書き出した段落番号の連続・不連続の確認ができます。記載される番号が前後で飛んでいる場合には、次の番号が青文字で示されるようにしました。

このことで、「訳もれ」の防止や、「段落番号の削除もれ」を防止できます。

|

« mougモーグの掲示板の紹介 | トップページ | タブ削除について(報告) »

マクロテンプレート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519619/43472270

この記事へのトラックバック一覧です: 段落番号の削除:

« mougモーグの掲示板の紹介 | トップページ | タブ削除について(報告) »