« 翻訳文の比較表作成 | トップページ | 【改訂】翻訳文の比較表作成  »

2009年5月 4日 (月)

マクロのテンプレートファイルにテンプレートを切り替える

現在実行しているマクロプログラムが記載されているテンプレートに、文書のテンプレートを切り替えるためのプログラム文です。

Dim myFileName as string

myFileName = ThisDocument.Path & "\" & ThisDocument.name
ActiveDocument.AttachedTemplate = myFileName

|

« 翻訳文の比較表作成 | トップページ | 【改訂】翻訳文の比較表作成  »

マクロプログラム」カテゴリの記事

コメント

FullNameプロパティ使えば
ActiveDocument.AttachedTemplate = ThisDocument.FullName
の一行で済みますよん

でも使い道が思い浮ばない……

投稿: | 2009年5月 4日 (月) 22時29分

そうですか、、FullNameというのは知りませんでした。ご教示をどうもありがとうございます。

自分としては、PathとNameを発見してかなりよろこんでいましたが、さらにお得な書き方があるんですね。

使い道ですが、少し特殊かも。

通常ノーマルテンプレートに保存する情報を、マクロのテンプレートに保存しています。

そのために、一時的にテンプレートを切り替えています。

ひょっとしたら、こんなことする必要はないかもしれませんが、ためしにやっています。

投稿: 管理人 | 2009年5月 5日 (火) 10時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519619/44897246

この記事へのトラックバック一覧です: マクロのテンプレートファイルにテンプレートを切り替える:

« 翻訳文の比較表作成 | トップページ | 【改訂】翻訳文の比較表作成  »