« 段落番号の削除 再改訂版(rangeオブジェクト化) | トップページ | 実施例の表示統一マクロ »

2009年5月15日 (金)

テンプレートを開く

以前から、マイブームで、マクロテンプレートを直接開いて、キーワードを入力したりしていました。

このような用途に便利なプログラムです。

今までは、ファイル名や保存先(スタートアップフォルダ、テンプレートフォルダ)を指定していましたが、そのような必要はないんですね。

以下のコードを書けば、その開きたいテンプレートがどのような名前でも、どちらのフォルダに保存されていたとしても、開くことができます。

Sub テンプレートを開く()

Dim FilePath As String
Dim FileName As String

FilePath = ThisDocument.Path
FileName = ThisDocument.Name

ChangeFileOpenDirectory (FilePath)
Documents.Open FileName:=FileName

End Sub

|

« 段落番号の削除 再改訂版(rangeオブジェクト化) | トップページ | 実施例の表示統一マクロ »

マクロプログラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519619/45023891

この記事へのトラックバック一覧です: テンプレートを開く:

« 段落番号の削除 再改訂版(rangeオブジェクト化) | トップページ | 実施例の表示統一マクロ »