« 【改良】フォルダ中のすべてのワードファイルの内容をコピペする | トップページ | Rangeオブジェクトの検索範囲指定 »

2009年6月 7日 (日)

【さらに改訂】翻訳文の比較表作成

2009/5/10に紹介した翻訳文の比較表作成マクロのアップデートです。

マクロに比較の不備が見つかったので、公開を控えました(2011/03/06)。

申し訳ありませんが、修正までお待ちください。

 


Tablecomparison4

●改善点
・Word2000に対応します。

・比較表のフォーマットをオートフォーマットの「プロフェッショナル」にしました。(「比較表作成」の420行)

・比較するときに([較]ボタンをクリックしたとき)、比較する文字列の大文字か小文字かを区別するようにしました。また、完全一致のみを比較対象とするようにしました。(「日英比較実行」の310行)

例:
(前のバージョン)
日本語中のTh の比較対象として、there is のth が検索されてしまいました。

(今回のバージョン)
日本語中のTh の比較対象として、Th のみが検索されます。「単語の一部のth」や「単独のTh ではあるが、大文字小文字が間違っているth やtH 」は検索されません。

結果、日本語に「番目の」と記載されていて、英語で4th となっている場合には、4th の4は見つけられませんので、ご注意ください。

使うとわかると思います。

●その他変更
コードのマイナーチェンジとしては、「比較表作成」の610行、660行の表現を変えました。

コードが2行減りました。

どうぞご利用ください。

|

« 【改良】フォルダ中のすべてのワードファイルの内容をコピペする | トップページ | Rangeオブジェクトの検索範囲指定 »

▼日英対訳表」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519619/45263154

この記事へのトラックバック一覧です: 【さらに改訂】翻訳文の比較表作成:

« 【改良】フォルダ中のすべてのワードファイルの内容をコピペする | トップページ | Rangeオブジェクトの検索範囲指定 »