« 選択したファイルのフォルダパスを取得するマクロ | トップページ | 【さらに改訂】翻訳文の比較表作成 »

2009年6月 6日 (土)

【改良】フォルダ中のすべてのワードファイルの内容をコピペする

先日紹介したコピペマクロですが、フォルダパスの取得を「ファイルを開く」ダイアログボックスからできるようにして、簡単にしました。

「copy_paste_2.dot」をダウンロード

●使い方

1.インストール
こちらをご覧ください。

2.コピー先となるファイルを開きます。
新規文書を開いておけばいいと思います。

文章が書かれているファイルが開かれている場合には、文章の最後からコピペを開始します。

3.ツールバーの[コピペ]ボタンをクリックしてフォルダパスを指定

Copypaste2

左のようなファイルを開くダイアログボックスが表示されます。

このダイアログボックスを使って、コピペしたいワードファイルが含まれているフォルダのファイルを表示します。

表示されているワードファイルのいずれか一つをダブルクリックしたり、ダイアログボックスの右下の「開く」ボタンをクリックして、フォルダパスを指定します。

3.あとは、自動的にフォルダ内のワード文書のコピペをします。

●工夫

前回の記事に記載したフォルダパスを取得するコードをそのままつかっています(40行から130行)

マクロの使い方は前回紹介したとおりです。

70行と180行に、

70         .Name = "*.doc"
180       .FileName = ".doc"

と記載して、ワード文書の表示を指定していますが、

70         .Name = "*.txt"
180       .FileName = ".txt"

とそれぞれ変更するとテキストファイルを指定できます。

拡張子を設定していろいろとお試し下さい。

ワードで開けない種類のアプリケーションの拡張子を記入するとうまくいかないかもしれません。

お楽しみください。

|

« 選択したファイルのフォルダパスを取得するマクロ | トップページ | 【さらに改訂】翻訳文の比較表作成 »

▼ファイル統合」カテゴリの記事

コメント

すいません。
まさしく私が探していたマクロがここにありました。
しかし、本当に初心者のためどうやってよいのやら…。
というのは、office2007を使っているため、Application.FileSearchが動きません。
どのように改造してよいのやら…。
office2007対応で改良版でませんか?
よろしくお願いいたします。

投稿: とんちんかん | 2009年11月 1日 (日) 15時35分

とんちんかんさん、

コメントをありがとうございます。

実は、私はword2007を持っていないため、
対応する改良版を作れません。

せっかくこのマクロを探し当てていただいたのに、
お役に立てなくて大変残念です。

同様の要望は、別のマクロにもいただいているため、
word2007環境の整備を検討しているところです。

しばしお待ちください。

word2007版の改良版を公開する折には
私が発行するメルマガにて報告すると思いますので、
下記URLからメルマガへのご登録をご検討ください。

http://wordvba.cocolog-nifty.com/blog/cat21517639/index.html

投稿: 管理人 | 2009年11月 1日 (日) 17時06分

早速、登録しました。

投稿: とんちんかん | 2009年11月 2日 (月) 09時41分

とんちんかんさん、

さっそくのご登録をどうもありがとうございました。
では、しばしお待ちください。

投稿: 管理人 | 2009年11月 3日 (火) 01時00分

こんにちは。
なんと、自力で2007用に改造することができました。
とはいえ…、いろんなHPを参考にしながら、やっとできたのですが、ひとつ教えていただいてもいいですか?
管理人さんのマクロの中に、ファイル名を記述すると頃がありましたよね?
actDoc.Range(actDoc.Range.End - 1, actDoc.Range.End - 1).Text = "氏名管理番号 : " & varNam(i)
そこに、私は、”氏名管理番号:”というのを追加してファイル名を表示することに成功しました。
さらに、この”氏名管理番号:”&& varNam(i) の部分を赤文字で14ポイントくらいの大きさにしたいと考えています。
その場合どうすればいよいのでしょうか?
これをどういう風に追記すればよいのか…。
Selection.Font.Color = wdColorRed
Selection.Font.Size = 14
もしよろしければ、教えていただいてもいいですか?

投稿: とんちんかん | 2009年11月 3日 (火) 13時35分

とんちんかんさんへ、

どうもこんにちは。
返事が遅くなってしまいました。

こちらのページに回答いたしました。

http://wordvba.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-2810.html

ついでに、マクロテンプレートも掲載しましたので、お試し下さい。

投稿: 管理人 | 2009年11月11日 (水) 23時11分

ありがとうございましたlovely
メールへ完成版を添付させていただきましたのでご確認ください。
ちなみに、違う職員のPC(2003)でも起動できましたよsmile

投稿: とんちんかん | 2009年11月12日 (木) 17時28分

とんちんかんさん。

メールで、いただいたファイルを確認させていただきました。

サブフォルダのファイルまで取得する改良もされていて
まいりました。

これ、すごいソフトですよ。

近々、私自身が理解して試運転してから公開させていただきます。

ワード2007のコピペマクロを探されていた方々、しばしお待ちください。

投稿: 管理人 | 2009年11月12日 (木) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519619/45251078

この記事へのトラックバック一覧です: 【改良】フォルダ中のすべてのワードファイルの内容をコピペする:

« 選択したファイルのフォルダパスを取得するマクロ | トップページ | 【さらに改訂】翻訳文の比較表作成 »