« ユーザーフォームの表示位置を保存する(.iniファイル利用) | トップページ | ユーザーフォームのテキストボックス内で改行文字列を取り出す(その1) »

2009年9月26日 (土)

VBA for DUMMIES 5th Edition (マクロ本の紹介)

VBA本の紹介です。初めて買った洋書です。

ワード専用のマクロ本があることを知らなかった頃、
とにかくVBAの情報源がほしいと思って購入しました。

ワードだけではなく、エクセルやアクセスなどのマクロ
についても説明されていますし、一応、VBA初心者を
対象に書かれたことになっています。

アメリカのアマゾンの書評をみると、けっこう酷評が目立ち
ますが、その理由が、「初心者に難しすぎる」だと思います。

1年以上前に購入したと思うのですが、使う部分は
未だに一部だけです。

私が1年間くらい手元に置いて、良かったと思う点と
やっぱり使いにくいと思う点をまとめました。

▼おすすめする理由

①表紙の裏にある「Cheat Sheet」が使えます。

cheat sheetとは、カンニングペーパーの意味ですが、
これが本当に役に立ちます。

最近は、このカンニングペーパーしか見ていません。

一覧表とその説明が載っているので、ちょっとしたときに
すぐに思い出せます。

・VBAで使えるショートカットキーの一覧 Alt + F11 Alt + F8など
・VBAの共通ファンクション一覧 InputBox, MsgBox, CStr, CIntなど
・変数の種類一覧 Boolean, Date, Double, Integerなど

②Chapter17:Ten Kinds of VBA Resources

ここに、Newsgroupへの登録やMZ-Toolsが紹介されていました。

今では、ワードマクロを作る上で欠かせない情報源であり
ツールになっています。

③Indexページを辞書として活用

以前も紹介したかもしれませんが、この手のマクロ本を
私は隅から隅まで読んでいるわけではありません。

何かほしい情報があったときに調べるために使っています。

この本は、Indexが比較的細かく載っているので、
自分の調べたいメソッドやプロパティの項目がわかる場合
には、その言葉をIndexで調べています。

▼使いにくいと思う点
①記載されているプログラム文は読みにくく感じます。

自分の力不足ではあるのですが、初心者向けというわりに
用語の説明が少ないように感じます。

今もなお、参考例文として使うには難しすぎます。

②Word2007をベースに説明しています。

私はWord2003を使っているので、Word2007の画面だけで
説明してある本書は使いにくく感じてしまいます。

|

« ユーザーフォームの表示位置を保存する(.iniファイル利用) | トップページ | ユーザーフォームのテキストボックス内で改行文字列を取り出す(その1) »

マクロ資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519619/46317476

この記事へのトラックバック一覧です: VBA for DUMMIES 5th Edition (マクロ本の紹介):

« ユーザーフォームの表示位置を保存する(.iniファイル利用) | トップページ | ユーザーフォームのテキストボックス内で改行文字列を取り出す(その1) »