« 「SEの読書術」 あなたにあったプログラミングの学習法が見つかる! | トップページ | 郵便番号から住所を探すマクロ »

2009年12月27日 (日)

エクスプローラでフォルダを開く

VBAを使って、エクスプローラを開く方法です。

所定のリンクを設定しておけば、そのフォルダを
開くことができます。

いろんなフォルダにあるファイルを使う方には、
案外便利かも。

以下の例では、スタートアップフォルダを開くように
設定しました。

10行のリンクを変更すれば、好きなフォルダを開けます。

20行のとおり、エクスプローラがCドライブにある場合の
コードです。

保存場所がCドライブ以外の場合には、パソコンの仕様に
あわせて変更する必要がありますね。

20行の定数(vbNormalFocus)は、表示するエクスプローラの
ウィンドウの状態を指定するものです。

ヘルプには、以下のように書かれています。

vbHide フォーカスを持ち、非表示にされるウィンドウ。定数 vbHide は、Macintosh では使用できません。
vbNormalFocus フォーカスを持ち、元のサイズと位置に復元されるウィンドウ
vbMinimizedFocus フォーカスを持ち、最小化表示されるウィンドウ
vbMaximizedFocus フォーカスを持ち、最大化表示されるウィンドウ
vbNormalNoFocus 最後にウィンドウを閉じたときのサイズと位置に復元されるフォーカスを持たないウィンドウ。現在アクティブなウィンドウは、アクティブのままです。
vbMinimizedNoFocus 最小化表示されるフォーカスを持たないウィンドウ。現在アクティブなウィンドウは、アクティブのままです。

▼プログラム

Sub エクスプローラを開く()

      Dim Link As String

10    Link = Options.DefaultFilePath(wdStartupPath)
20    Shell "C:\Windows\explorer.exe " & Link, vbNormalFocus

End Sub

|

« 「SEの読書術」 あなたにあったプログラミングの学習法が見つかる! | トップページ | 郵便番号から住所を探すマクロ »

マクロプログラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519619/47128384

この記事へのトラックバック一覧です: エクスプローラでフォルダを開く:

« 「SEの読書術」 あなたにあったプログラミングの学習法が見つかる! | トップページ | 郵便番号から住所を探すマクロ »