« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の9件の記事

2010年1月31日 (日)

図面の番号を目立たせる方法 (印刷したときにすぐに目に入る!)

特許明細書を速く読むコツがあります。それは、、、

図面の番号を目立たせると少し読みやすくなりますね。

説明文と図面との関係がつかみやすくなるからです。

それを支援するマクロの紹介です。「fig_number.dot」をダウンロード

翻訳作業において、明細書を正確により速く理解するために
日々の業務で使ってます。

かつては、印刷した明細書に蛍光ペンで色をつけていたのですが、
時間がもったいないと思い、最近マクロにしました。

▼作用
文中の「図1」などの図面番号や「図示」を以下の表示に変換します。

ボールド、蛍光ペンのグレー50、文字色を白。

こうすると、印刷したときや画面上で確認するときにすぐに
見つけられます。

▼使い方
1.こちらを参考にして、上記のテンプレートファイルをインストールします。

2.マクロを起動させると(アドインをオンにすると)、ツールバーに
ボタンが表示されます。

Fig_number

左側のボタンが蛍光ペンで着色するもの、右のボタンで
着色を解除します。

▼プログラム(着色用)

Sub 図番を白抜きにする()

      Dim myRange As Range   'Rangeオブジェクト
      Dim myColor As String  '蛍光ペンの色

      'Rangeオブジェクトの設定
10    Set myRange = Selection.Range

      '現在選択されている蛍光ペンの色の保存
20    myColor = Options.DefaultHighlightColorIndex

      '蛍光ペンの色をGray50に設定
30    Options.DefaultHighlightColorIndex = wdGray50

      '図番の白抜き文字化(置換処理)
40    With myRange.Find
50        .Text = "図([0-90-9]{1,})"
60        .Replacement.Text = "図\1"
70        .Replacement.Font.Color = wdColorWhite
80        .Replacement.Font.Bold = True
90        .Replacement.Highlight = True
100       .Forward = True
110       .Wrap = wdFindContinue
120       .MatchWildcards = True
130       .Execute Replace:=wdReplaceAll
140   End With

      'Rangeオブジェクトを解除
150   Set myRange = Nothing

      'Rangeオブジェクトの設定
160   Set myRange = Selection.Range

      '「図示」の言葉を白抜き文字化(置換処理)
170   With myRange.Find
180       .Text = "図示"
190       .Replacement.Text = "図示"
200       .Replacement.Font.Color = wdColorWhite
210       .Replacement.Font.Bold = True
220       .Replacement.Highlight = True
230       .Forward = True
240       .Wrap = wdFindContinue
250       .Execute Replace:=wdReplaceAll
260   End With

      'Rangeオブジェクトを解除
270   Set myRange = Nothing

      '蛍光ペンの色を最初に選択されていた色に戻す
280   Options.DefaultHighlightColorIndex = myColor

End Sub

▼プログラム(元に戻す用)

Option Explicit

Sub 図番の表示を戻す()

      Dim myRange As Range   'Rangeオブジェクト

      'Rangeオブジェクトの設定
10    Set myRange = Selection.Range

      '図番の白抜き文字化(置換処理)
20    With myRange.Find
30        .Text = "図([0-90-9]{1,})"
40        .Font.Color = wdColorWhite
50        .Font.Bold = True
60        .Highlight = True
70        .Replacement.Text = "図\1"
80        .Replacement.Font.Color = wdColorAutomatic
90        .Replacement.Highlight = False
100       .Replacement.Font.Bold = False
110       .Forward = True
120       .Wrap = wdFindContinue
130       .MatchWildcards = True
140       .Execute Replace:=wdReplaceAll
150   End With

      'Rangeオブジェクトを解除
160   Set myRange = Nothing

      'Rangeオブジェクトの設定
170   Set myRange = Selection.Range

      '「図示」の言葉を白抜き文字化(置換処理)
180   With myRange.Find
190       .Text = "図示"
200       .Font.Color = wdColorWhite
210       .Font.Bold = True
220       .Highlight = True
230       .Replacement.Text = "図示"
240       .Replacement.Font.Color = wdColorAutomatic
250       .Replacement.Highlight = False
260       .Replacement.Font.Bold = False
270       .Forward = True
280       .Wrap = wdFindContinue
290       .Execute Replace:=wdReplaceAll
300   End With

      'Rangeオブジェクトを解除
310   Set myRange = Nothing

End Sub

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

Googleを用いた翻訳テクニック本の紹介

このブログでもたびたび紹介している「Google検索を翻訳に利用する方法」を
説明した本の紹介です。

翻訳者の皆さんに役に立つと思うのは、 翻訳者である安藤進さんの以下の書籍。

・ちょっと検索! 翻訳に役立つ Google表現検索テクニック
・Googleに聞け!英語の疑問を瞬時に解決
・翻訳に役立つGoogle活用テクニック

他の業種もそうかもしれませんが、翻訳業では「調べもの」をする力を
問われる職業ですね。

・原文の意味を確認するとき
・訳文が実際にネイティブが使う表現か確認するとき

などに、Googleの検索機能は非常に役に立ちます。

今日紹介する書籍を読むまでは、Googleのマニアックな検索機能は
使ったことがありませんでした。

「右クリックでグーグル」で紹介している「ワイルドカード検索」を
知るだけでも、検索の精度や向上しますね。

でも、Googleでできることは、もっともっとあります。

検索対象とするサイトを指定したり、検索対象外とする用語を指定したりして
様々な方法で検索を絞り込むことができます。

下記の書籍では、特定のお題に従って、

・結果を絞り込むための具体的な検索方法
・絞り込んだ検索結果の確からしさの検証方法

など、数ページにわたって、思考の順序にそって丁寧に説明されています。

なので、一般的な「Google検索活用本」のような「検索コマンド→使い方」の
説明方法とは異なりますね。

あくまでも「検索対象・目的→用いる検索コマンド→結果の検証」という順序で
説明されており、私たちの日々の業務で活用しやすくなっていると思います。

すべての検索方法を身につけるのには時間がかかりますが、ひとまず
読み物として、著者の安藤進さんの思考方法を学ぶだけでも面白いですね。

その中から、自分が使える機能や、面白いなと思う機能を試しに
実務で使ってみるのがいいかなと思います。

おすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

ぐーぐる検索用の右クリックマクロ(プログラム文の最適化)

2010年2月にバージョンアップしました。最新版はこちら

「右クリックでぐーぐる」のプログラム文を更新してみました。
「googlesearch3.dot」をダウンロード

先日、OHTAさんからご指摘をいただき、以前紹介した
「右クリックでぐーぐる」マクロを再検証してみました。

すると、インストールするパソコンによっては、
右クリックメニューが正常に表示されないことが
わかりました。

今回紹介するマクロは、右クリックメニューを表示させる
プログラム文を変更したアップデート版です。
(変更方法は、こちらに紹介したものをそのまま採用)

さらに、ワイルドカードのマクロも簡素化しました。
(簡素化方法は、こちらに紹介したものをそのまま採用)

最近の私の学んだことを反映した最新版(自己満足版)ですね。

▼以前の「右クリックでぐーぐる」をご利用いただいている皆様へ

古いバージョンの「右クリックでぐーぐる」マクロを利用されていて、
作動に問題がない場合は、別に入れ替える必要はありません。

もし、入れ替える場合には、古いバージョンのマクロテンプレートを
削除してから、今回のテンプレートをインストールしてください。

▼インストール方法
こちらをご覧ください。

▼利用方法
ワードで文章を入力時に文字列を選択して右クリックをすると
メニューが表示されます。

メニューをクリックすると、インターネットブラウザが起動し、
グーグルでの検索結果が表示されます。

詳細は、かつての記事を参考にしてください。

ぐーぐる検索用の右クリックマクロ(ワイルドカード対応版)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

【再改良】クイックソートを用いてアルファベットの文字列を並び替え

以前紹介した【改良】クイックソートを用いてアルファベットの文字列を並び替えをさらに改良しました。

▼前回からの改良点
文字列の比較方法を簡略化したため、処理速度が若干向上しました。

2155個の英単語を並び替える場合で比べると、
 前回: 27秒
 今回: 23秒
となりました。

期待していたほどは、減りませんでした。。。

ただ、プログラム文が16%ほど減った(61行→51行)ので、私は満足しています。

▼具体的な改良方法
アルファベットの大文字・小文字や平仮名・カタカナを区別せずに
同じものとして比較できる関数を発見しました。

前回紹介したStrComp()です。

これを用いると、「ABCE」と「abce」や「あいうえお」と「アイウエオ」を
同じものとして比較して並び替えることができます。

前回のプログラムでは、大文字と小文字の英字の区別をなくすために
Asc関数を用いました。

つまり、A と a とを同じものと認識させるために、それぞれの
Asc関数の値を変換して比較しました。苦肉の策でしたね。

▼留意点
今回は、数字の半角・全角も同じものとして比較するため、
前回とは並べ替え後の順序が変わりました。

並び替え前

並べ替え後

【前回プログラム】

並べ替え後

【今回プログラム】

300

1500

150

情報

お気に入り

1500

便利

お得

300

お役立ち

お買い物

50

販売

お役立ち

blog

通販

アニメ

book

blog

ショッピング

design

通信販売

デパート

DVD

Shopping

ニュース

FC2

Shop

ブログ

Free

50

ホテル

free book

ヤフー

ヤフー

Search

通信 販売

映画

Shop

通信 販売

検索

Shopping

ブログ

SNS

1500

情報

tool

150

進学塾

web

お気に入り

中学受験

web2.0

通信 販売

アニメ

お買い物

通信販売

お気に入り

検索

通信 販売

お得

お得

通販

お買い物

デパート

販売

お役立ち

web

便利

ショッピング

Free

無料

デパート

web2.0

予備校

ニュース

tool

150

ブログ

無料

300

ホテル

book

50

ヤフー

free book

blog

映画

ニュース

book

検索

進学塾

design

design

DVD

情報

Search

FC2

進学塾

中学受験

Free

中学受験

アニメ

free book

通信 販売

ショッピング

Search

通信 販売

SNS

Shop

通信販売

映画

Shopping

通販

FC2

SNS

販売

ホテル

tool

便利

DVD

web

無料

予備校

web2.0

予備校

▼プログラム文
Sub QuickSortの例2()

      Dim pCnt As Integer '段落数用の数値
      Dim pCntMax As Integer '段落の最大値
      Dim i As Long    '並び替え用の数値
      Dim j As Long    '並び替え用の数値
      Dim swap As String  '並び替え時の仮置き用変数
      Dim Chara() As String  '文字列
      Dim nMax As Integer '最大文字数
      Dim n As Integer    '比較する文字の序数
      Dim BlnSwap As Boolean '変更するか否かを示す
      Dim actDoc As Document '文書
      Dim StartT, FinishT, TotalT As Long  '時間計測用

10    StartT = Timer

20    Set actDoc = ActiveDocument

      '参照符号一覧の段落数
30    pCntMax = actDoc.Paragraphs.Count
40    ReDim Chara(1 To pCntMax)

      '文字列の読み込み
50    For pCnt = 1 To pCntMax
60        With actDoc.Paragraphs(pCnt).Range
70            Chara(pCnt) = Left(.text, .Characters.Count - 1)
80        End With
90    Next pCnt

      'ソート開始
100   For i = 1 To pCntMax

110       For j = pCntMax To i Step -1
         
              '文字の大小の比較の最大回数を算出
              '少ない文字数を最大回数とする
             
120           If Len(Chara(i)) > Len(Chara(j)) Then
130               nMax = Len(Chara(j))
140               BlnSwap = True
150           Else
160               nMax = Len(Chara(i))
170               BlnSwap = False
180           End If

              'n文字目のアルファベットの比較
190           For n = 1 To nMax
                                     
                  'Chara(i)のn文字目がChara(j)のn文字目より大きい場合
200               If StrComp(Mid(Chara(i), n), Mid(Chara(j), n), vbTextCompare) = 1 Then
                  '順番を入れ替える
210                   swap = Chara(i)
220                   Chara(i) = Chara(j)
230                   Chara(j) = swap
240                   Exit For
                  
                  'Chara(i)がChara(j)より小さい場合
250               ElseIf StrComp(Mid(Chara(i), n), Mid(Chara(j), n), vbTextCompare) = -1 Then
                  '順番を入れ替えない
260                   Exit For
                  
                  'Chara(i)とChara(j)が同じ場合 かつ
                  'nが比較を繰り返す最大回数nMaxになっても
                  '文字の大小の比較が終わっていない場合
270               ElseIf StrComp(Mid(Chara(i), n), Mid(Chara(j), n), vbTextCompare) = 0 And n = nMax Then
                  
                      'Chara(i)の文字数がChara(j)の文字数より多い場合
280                   If BlnSwap = True Then
290                       swap = Chara(i)
300                       Chara(i) = Chara(j)
310                       Chara(j) = swap
320                       Exit For
                  
                      'Chara(i)の文字数がChara(j)の文字数以下の場合
330                   Else
340                       Exit For
350                   End If
                  
360               End If
             
370           Next n
             
380       Next j

390   Next i

      '並び替え後を表示

400   With actDoc
410       .Range(.Range.End - 1, .Range.End - 1).InsertParagraphAfter
420       .Range(.Range.End - 1, .Range.End - 1).text = "【並び替え後】"
430       .Range(.Range.End - 1, .Range.End - 1).InsertParagraphAfter

440       For i = 1 To pCntMax
450           .Range(.Range.End - 1, .Range.End - 1).text = Chara(i)
460           .Range(.Range.End - 1, .Range.End - 1).InsertParagraphAfter
470       Next i
480   End With

490   FinishT = Timer
500   TotalT = FinishT - StartT

510   msgbox TotalT & "秒かかりました。"

End Sub

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2つの文字列を比較する関数 StrComp()

以前クイックソートを学んだときに、文字を比較する方法で悩みました。

今回紹介するのは、その悩みを一発解消する関数です。

StrComp()です。

通常の文字列の比較では、「ABCD」(半角)と「abcd」(半角)と
「ABCD」(全角)と「abcd」(全角)とはすべて別々の文字列として扱われます。

つまり、全角・半角の区別と大文字・小文字の区別がなされるんですね。

また「アイウエオ」と「あいうえお」も別の文字列ですね。

この区別を「バイナリモード」の比較と呼びます。

しかし、これらを同じものとして比較する方法があるんです。

それが「テキストモード」の比較です。

これらの比較モードを設定して、その結果を値として表示するのが

StrComp()という関数。使えます。

以下、メモみたいなもので、完成したプログラムじゃないですが。

▼プログラムの一部

Dim MyStr1, MyStr2, MyComp

MyStr1 = "ABCD": MyStr2 = "abcd"            ' 変数を定義します。

MyComp = StrComp(MyStr1, MyStr2, vbTextCompare)        ' 0 (等しい)を返します。

MyComp = StrComp(MyStr1, MyStr2, vbBinaryCompare)        ' -1MyStr1MyStr2未満。)を返します。

MyComp = StrComp(MyStr2, MyStr1, vbBinaryCompare)       ' 1 を返します。

▼参考文献

かんたんプログラミング Excel2003 VBA コントロール・関数編
P235~P237 (5-4 文字列を比較する)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

指先でズーム (表示画面の大きさを変えるマクロ)

これは、この冬の快心の一品です。「zoom_control.dot」をダウンロード 

Zoom_control1

ワード文書作成時に、表示画面の大きさを微調整したい
人向けのソフトです。

とくに、キーボードから手を離したくない人には朗報です。

僕のうれしさ、感じてください。

▼作用
画面の表示倍率を10%~500%の幅で50段階で変更します。

マウスを使用して、スライドバーを操作することで
直感的に倍率を変更できます。

また、キーボードからマクロを立ち上げて、左右の
カーソルキーを用いて倍率を変更することができます。

▼使い方
①インストールしてください。こちらをご参考。
②ツールバーに表示された[ZOOM(Z)]のボタンをクリックします。
③スライドバーが表示されるので、動かして動作を確認してください。

▼マニアックな使い方
以下のようにショートカットキーを設定しました。
これでキーボードから操作が可能になります。

Alt + Z: 起動
Alt + C: 閉じる
← (または、↑): 倍率下げる
→ (または、↓): 倍率あげる

キーボードの操作でズームができるので、マクロの名称を
「指先でズーム」としました。

▼工夫
スクロールバーの表示位置を記憶します。

私は、画面の右上に表示するようにしています。

▼参考図書
「かんたんプログラミング Excel2003 VBA コントロール関数編」

去年の冬休みに買った本ですが、すばらしい本ですね。

コントロールのことを調べるときに自分でヘルプを見たり、インターネットで
探したりするよりも、効率がいいと思います。特にコントロールのことを
あまり理解していないうちは。

体系立ててわかりやすく書かれているので、理解までの時間の節約になります。

非常に価値ある一冊だと思います。

このP.184~194にスクロールバーの設定方法が非常に
細かく書かれています。

P.187~188に記載されているScrollイベントとChangeイベント
の設定によって、少し作動が変わります。

今回のマクロは、Changeイベントをつかいまして、
結果として以下の効果が得られました。
・カーソルキーでスクロールバーの操作が可能
・スクロールバーのスクロールが終了したときに表示画面の
 倍率が変化する

逆に、Scrollイベントに設定すると、以下の通りになります。
・カーソルキーでスクロールバーを操作できない。
・スクロールバーを動かしたときに、リアルタイムで表示画面の
 倍率が変化する

いろいろな設定ができるんですね。

▼注意事項
パソコンに詳しい方だけ、気にしてください。
通常のパソコン使用では、知らなくても問題はありません。

以下の.iniファイルをwindowsフォルダに作成します。
vct_zoom_control.ini

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

郵便番号から住所を探すマクロ(つづき)

先月末に郵便番号から住所を探す方法
いろいろと検討してみたんですが。。。。

あのあとわかったこと。

ATOKには、郵便番号を住所に変換する機能が
ついているんですね。

こんな感じ。

123-4567 

と「ハイフン」を入れて「全角」で入力すると、候補となる住所が現れるんです。

すごい機能ですね。マクロを使う必要なんてない。

住所録に住所を入れ始めたときには、上記の機能に
気づかなかったため、マクロをわざわざ作ってしまいました。

なにしろ、フリーウェアの「住所録と宛名印刷」というソフト
の郵便番号の入力欄は、「半角」で、かつ「ハイフンなし」
の7桁数字を入力するようになっているのです。

そういうわけで、気がつくのが遅くなってしまいました。

さらに、あの記事を掲載してすぐにパソコンの調子がわるく
なって、インターネット接続できなくなったために、この
気づきをみんなにお知らせすることができませんでした。

失礼しました。

ATOKって、うれしい機能がたくさんありますね。おすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

アルクの「英辞郎 on the WEB」で検索(テンプレート版)

先日、こちらの記事にOHTA さんからご要望いただきましたテンプレートの紹介です。

右クリックでアルクの「英辞郎 on the WEB」の検索ができるマクロのテンプレートです。

「eijiro_search.dot」をダウンロード

こちらを参考にしてインストールをしてください。

▼正常に機能しない理由
OHTAさんにご指摘いただいたとおり、私が掲載した
マクロプログラムには不備がございました。

どういうわけか、間違った箇所に改行が入っているので、
ブログに掲載したマクロをVBEにコピーしてもうまく機能
しないことがわかりました。

大変失礼いたしました。
本記事の後半にプログラム文を再度掲載します。

▼ショートカットメニューの表示方法(その1)
右クリック時に表示されるメニューのことを「ショートカットメニュー」
と呼びます。

このショートカットメニューを使うと、マクロの実行が非常に
簡単になります。

ショートカットメニューにマクロを表示する方法については、
こちらの記事をご覧ください。

同様に、この方法で削除することができます。
表示されているメニューをドラッグすると消すことができます。

誤って削除すると、簡単には元に戻せないのでご注意ください。

▼ショートカットメニューの表示方法(その2)
特定のマクロを登録するマクロもあります。
こちらの記事をご覧ください。

今回紹介するテンプレートは、上記記事で紹介したショートカットメニュー作成の
マクロを用いましたので、本記事の後半のプログラムをご覧ください。

▼英辞郎 on the WEBのマクロ(不要な改行を削除しました)
Sub 英辞郎で検索()

      Dim word As String
      Dim URL As String

10    word = Selection
20    URL = "http://eow.alc.co.jp/" & word

30    ActiveDocument.FollowHyperlink Address:=URL, NewWindow:=False, AddHistory:=True

End Sub

▼ショートカットメニューの登録(ワード起動時)
Sub AutoExec()

10       On Error GoTo AutoExec_Error

      '通常テキスト入力時のショートカットメニュー追加処理
20    With Application.CommandBars("text")
         
          'すでに「英辞郎検索」のショートカットメニューがあれば削除
30        .Controls("英辞郎検索").Delete
         
          '「英辞郎検索」のショートカットメニューの追加
40        With .Controls.Add(Type:=msoControlButton, Before:=4)
50            .Caption = "英辞郎検索"
60            .OnAction = "英辞郎で検索"
70        End With
         
80    End With

      '表中のテキスト入力時のショートカットメニュー追加処理
90    With Application.CommandBars("table text")
         
          'すでに「英辞郎検索」のショートカットメニューがあれば削除
100       .Controls("英辞郎検索").Delete
         
          '「英辞郎検索」のショートカットメニューの追加
110       With .Controls.Add(Type:=msoControlButton, Before:=4)
120           .Caption = "英辞郎検索"
130           .OnAction = "英辞郎で検索"
140       End With

150   End With

160      On Error GoTo 0
170      Exit Sub

AutoExec_Error:

          'ショートカットメニューがない場合には、削除処理を無視する
180       If Err = 5 Then
190           Resume Next
200       Else
210           MsgBox Err.Description & vbCr & vbCr & _
                  "eijiro_searchにエラーが発生したので終了します。"
220       End If
         
End Sub

▼ショートカットメニューの削除(ワード終了時)
Sub AutoExit()

10       On Error GoTo AutoExit_Error

20    Application.CommandBars("text").Controls("英辞郎検索").Delete
30    Application.CommandBars("table text").Controls("英辞郎検索").Delete

40       On Error GoTo 0
50       Exit Sub

AutoExit_Error:
         
          'ショートカットメニューがない場合には、削除処理を無視する
60        If Err = 5 Then
70            Resume Next
80        Else
90            MsgBox Err.Description & vbCr & vbCr & _
                  "eijiro_searchにエラーが発生したので終了します。"
100       End If

End Sub

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

新年の抱負

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

昨年は、ブログ多くの方と知り合い、情報を交換させて
いただきました。

実際にお会いした方もいらっしゃいましたし、非常に
充実した年でした。

今年は、よりみなさんのお役にたてる情報を提供させて
いただきたいと思います。

また、みなさんからもいろいろとご要望をいただき、
それにお応えしていきたいと思っています。

私にとっては、「まだ」、マクロ作りはクイズを解くような
新鮮な面白さと喜びがありますので、難問をどしどし
お寄せください。

技術的に難しいところは、お断りしたり、または回答に
時間がかかるかもしれませんが、ひとまず、私もできる
限り対応させていただこうかと思っています。

一種の修行みたいなものです。

修行って一人でやっていても、ネタがつきるし、あんまり楽しく
ないですからねぇ。

さて、話しは変わって、去年の学びで、今年に生かしたいこと。

1.データのバックアップをとること。

最近、2つの大きなデータを紛失しました。

ひとつは、13年間住所録として使ってきたシャープの
ザウルス(Zaurus)のデータです。

内蔵電池が消耗してしまい、保存されていたデータがすべて
なくなりました。(詳細は先月のメルマガのとおり)

あと、つい2日前に、3年間メインで使っていたデスクトップパソコンが
つぶれてしまい、中のデータすべてをとりだせなくなりました。

起動スイッチを押しても、ハードディスクに読み込みにいかなくて
反応がありません。本当にデータ吹っ飛んだのかな?

マクロのデータだけは、常に最新版をgmailに送信するくせを
つけていたので、マクロだけ助かりました。

最近買ったiPhone用の音楽データや動画が消えたかと思うと、
それにかかった録音時間と手間そのものを紛失したということで
残念です。

とりあえず、いつ起こるか分からないので、こういうこと怖いですね。

今年はデータのバックアップを無理なくできる仕組みを
つくってみたいと思います。

2.大切なことに投資をする

去年は、いろんなチャレンジをして、そのために時間、
お金、気持ちなど、たくさんのことを投資しました。

名古屋のセミナーコンテスト、複数の異業種交流会、
さまざまなタイプの勉強会(特許、マクロプログラミング、
話し方、社会起業、アイディア創出など)など参加しました。

さまざまな業種の方々と出会ってアイディアを交換することで、
視点が増えたなと実感しています。

で、それぞれの学びをできるだけ多く得ようと思っていたので、
中途半端にはしないで、必要なところでお金も投資して
それなりに準備したり勉強したりしてみました。

そしたら、やっぱり効果あるんですよね。

お金で買える「時間」、「情報」、「外見(装飾品、服装)」って
うまく使うと、案外リターンってあるんですね。

これは意識的に実験してみたんですが、予想以上に
リターンがあって驚きでした。

あんまり節約しすぎず、ほどよく投資していくのは意味がありますね。

このご時世、職場からの給料は減る一方なのですが、今年も自分に
投資するための時間はたくさんあります。

大切なことには思い切って投資をして、いい1年にしたいと思います。

3.笑顔を多くする

これ、去年は自分はあまりできていませんでしたが、笑顔が
素敵な方々にたくさん会いました。

その場をあたたかく、明るくする方って魅力的ですね。

私の職場にも、勉強会で知り合った方々にも、以前からの
知り合いにもこういうタイプの方々がいます。

年末、私の大学時代の研究室の先輩と、その研究でお世話に
なった下水処理場の場長さん(当時)と3人で13年ぶりに
再会して飲みました。

先輩とはこれまで何度か会っていたのですが、場長さんとは
年賀状をやり取りするだけの関係で、今回が初めてだったんです。

で、久しぶりの3人での飲み会。当時と変わってないんです。
このお二人、無茶苦茶明るいんですよ。

自分が今取り組んでいる仕事をわかりやすく、楽しげに話す。

こういう人にどれだけ会って話が聞けるかで、社会人生活
の充実度合いって変わりますよね。

そして、なんだか知らないけど、やたらすごい実績があるん
ですよ。

わかりやすいところでは、難しい資格とかあたり前に持って
いるんです。

だけど、そういうものだけじゃなくて、人を巻き込んで仕事を
つくりあげていくような対人能力・エネルギーが普通じゃないんです。

なんだか、素敵だなと思って、話をしていて幸せだったし、
なんか力が湧いてくるんですよね。

こういうことってないですか?

去年は、こういう素敵な出会い・再会がたくさんありまして、たくさんの
エネルギーをいただきました。

今年は、私からも少しでも明るいエネルギーを発っしていきたいと
思います。

今年は、ワードマクロでもいくつか形にしたいことがあります。

このブログでいい報告がたくさんできるように、この一年
明るく楽しく、かつ大切な所に着実に投資をしていきたいと
思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »