« Windows7とWord2007でのテンプレートフォルダ | トップページ | 語学力ゼロで8ヵ国語翻訳できるナゾ どんなビジネスもこの考え方ならうまくいく (書籍紹介) »

2010年2月21日 (日)

Word 2000 Developer's Handbook これ見た目も辞書です (書籍紹介)

最近使っているワードマクロの辞書。

1271ページで厚さが7.5センチほどある本なのです。
まさしく辞書です。

2010年2月21日現在、日本のアマゾンで3938円で中古で売られていますが、
私がアメリカのアマゾンから購入したときは、1ドルを切っていました。
(93セントだったような気がします。今日確認したら、4ドル73セント。)

送料が12ドルだったので、13ドルくらいで購入。お得でした。

値段のお得度合いも大切ですが、内容の充実度合いも大切ですね。

40ページ以上が索引ページにさかれていて、
それだけでも手元に置いておく価値があります。

わからない表現があるときには、まず、この辞書で引く、
みたいな使い方です。

私がこれを購入したのは2009年6月ごろだったと思うので
半年以上使っています。

正直、例文はあまり載っていないのですが、細かな項目の
説明文が非常に充実しています。

たとえば、オートコレクトや定型句の考え方など、説明が細かく書かれて
いるので、ワードというソフト全体の思想みたいなものが少し
理解できる気がします。

興味がない方には、あんまり必要ないかもしれませんが、何かしら
ソフトウェアを作っている方々には、役に立つ情報かも。

あとは、ファイルやフォルダ自体が存在するのかどうかを
確認する慣用句があるのですが、それを知ったのはこの本です。

今までは、エラーメッセージで回避していたのですが(存在しない
ファイルを開いたり削除しようとするとエラーが表示されるから)、
今は、エラーを表示させるのではなく、積極的にファイルが存在
するかどうかをチェックするようになりました。

なぜ、「Word2000」なのか?なんですが、「Word2003」以降は、この
シリーズは販売されていないみたい。

私には十分な情報です。未だ、一部しか読んだことありません。

|

« Windows7とWord2007でのテンプレートフォルダ | トップページ | 語学力ゼロで8ヵ国語翻訳できるナゾ どんなビジネスもこの考え方ならうまくいく (書籍紹介) »

マクロ資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519619/47622440

この記事へのトラックバック一覧です: Word 2000 Developer's Handbook これ見た目も辞書です (書籍紹介):

« Windows7とWord2007でのテンプレートフォルダ | トップページ | 語学力ゼロで8ヵ国語翻訳できるナゾ どんなビジネスもこの考え方ならうまくいく (書籍紹介) »