« 「語学力ゼロで8ヵ国語翻訳できるナゾ」をギター教則本との比較で読む(書籍紹介) | トップページ | 「検索と置換」の画面立ち上げ支援マクロ »

2010年4月 3日 (土)

行を上下する1行マクロ

表示中の画面を1行ずつ上下するキーがあればいいなと思ったことありませんか?

カーソルを画面の上端もしくは下端にまでいとうする必要がありません。
動きは、スクロールバーの矢印のボタンをクリックしたものと同じです。

▼用途
マウスを用いずに画面をスクロールさせる方法です。

ページの最終行で文章が途切れてしまっているとき、次の行を
確認したいことありませんか?

そんなときに、このマクロを動かせば、行単位で画面をスクロール
することができます。

ページ単位での上下はキーボードの[PgUp]キーや[PgDn]キーで
できますが、行単位での操作はできませんよね。

で、この操作をマクロで実現してみました。

FUJITSUのワープロのオアシスシリーズにはついていたキーらしいです。
(私はオアシスは使ったことがないのですが、友人が言っていました)

▼注意事項
キーボードのショートカットに登録することを前提にしたマクロです。
→登録方法は、こちらで紹介したいくつかのページをご覧ください。

そうしないと、このマクロを作動させるために、マウスを持って、
このマクロの実行を指示したのでは、本末転倒ですね。

▼基本例
アクティブになっている画面をスクロールします。

 (上方向) ActiveWindow.ActivePane.SmallScroll Up:=1
 (下方向) ActiveWindow.ActivePane.SmallScroll Down:=1

見ると想像できると思いますが、「Up」と「Down」とで方向を指定しています。
また、その量で、行数を指定することができます。

ActiveWindow.ActivePane」が、選択中のウィンドウ枠を意味します。

|

« 「語学力ゼロで8ヵ国語翻訳できるナゾ」をギター教則本との比較で読む(書籍紹介) | トップページ | 「検索と置換」の画面立ち上げ支援マクロ »

マクロプログラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519619/47979646

この記事へのトラックバック一覧です: 行を上下する1行マクロ:

« 「語学力ゼロで8ヵ国語翻訳できるナゾ」をギター教則本との比較で読む(書籍紹介) | トップページ | 「検索と置換」の画面立ち上げ支援マクロ »