カテゴリー「②登録方法」の5件の記事

2010年2月21日 (日)

Windows7とWord2007でのテンプレートフォルダ

Windows 7で、Word2007を使っている場合の
マクロテンプレートを保存するフォルダの探し方です。

簡単です。

下記のアドレスをエクスプローラのアドレスバーに入力するだけ。

▼スタートアップフォルダのアドレス(Cドライブの場合)
C:\Users\
●●\appdata\roaming\Microsoft\word\STARTUP

▼テンプレートフォルダフォルダのアドレス(Cドライブの場合)
C:\Users\●●\appdata\roaming\microsoft\Templates

※:●●はご自身のユーザー名が入ります。

▼方法

以下の3ステップで、マクロテンプレートをフォルダが開きます。

①エクスプローラーを表示(赤い矢印部分がアドレスバーです)

Expl

②カーソルでアドレスバーをクリック(文字入力が可能になります)

Expl2

③フォルダのアドレスを入力してEnterキーを押します

Expl3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

マクロインストーラーの更新

すでにお気づきの方もいらっしゃったかと思いますが、
以前こちらで紹介したマクロインストーラーを更新いたしました。

ベクターにてインストーラーを公開しております。
使用方法も書かれていますので、ご覧ください。

【前回からの主要な変更点】
インストールするマクロテンプレートを、ダイアログから
指定できるようになりました。

テンプレートフォルダ中の「Normal.dot」ファイルが
表示されないようにしました。(このファイルを移動
したり削除したりすると、現在のワードの設定が
消えてしまいます。今までは、その配慮が足りませんでした。)

お試しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

マクロの簡単インストール方法について追加情報

最新版をこちらに掲載しました。ご覧ください。(2009/11/8)

以前、「マクロの簡単インストール方法の紹介」にて、ワードの文書からマクロを登録する方法を紹介しました。

「macro_installer.doc」をダウンロード (こちらに注書きを追加しました。)

「macro_installer.doc」というワード文書を用いたのですが、お使いのワードの設定によっては、マクロが起動されないことがわかりましたので、正常にマクロを起動できる方法を紹介します。

●症状
「macro_installer.doc」を開いてボタンをクリックしても、マクロが実行されない。

●原因
ワードの「デザインモード」がオンになっている可能性があります。

Install_1_2 左の画像の赤い矢印の先のツールバーにボタン があります。これが押された状態(オレンジ色になっている状態)が、デザインモードです。

この状態だと、マクロを登録したボタン(「自動インストール」など)を編集している最中であることを意味します。

よって、マクロを登録したボタンをクリックしても、マクロが実行されない結果となります。

●対処方法
Install_2上記図の赤い矢印の先にあるボタンをクリックして、デザインモードをオフにしてください。

再度、「自動インストール」などのボタンをクリックしてマクロが作動するか、ご確認ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

マクロの簡単インストール方法の紹介

(2009年3月28日に情報を追記しました。詳しくはこちらへ。なお、この2009年2月8日付けのマクロも最新版にアップデートしました。)

今回は、趣向をかえたマクロの紹介です。

今まで私が作成したマクロテンプレート(マクロが記録されているテンプレート文書)は、ワードの「スタートアップフォルダ」や「ユーザテンプレートフォルダ」に保存することが前提になっています。

しかし、「これらのフォルダを探してマクロテンプレートを保存すること」=「マクロをインストールすること」は、比較的面倒というか、知識がないと出来ないため、それがマクロの利用していただくためのハードルのひとつになっていると感じていました。

さらに、私自身、フォルダの場所の探し方をうまく説明できないので、もどかしさを感じていたところです。

そこで、今回は、マクロテンプレートを自動でインストールするためのマクロを作成しました。

●使い方
マニュアル(macro_installer_usermanual)を作成しましたので、ご覧ください。このマニュアルに、自動インストールマクロ(macro_installer)の使い方や保存方法が記載されています。

「macro_installer_usermanual.doc」をダウンロード

「macro_installer.doc」をダウンロード

なお、macro_installerはマクロを含む文書のため、ダウンロード時に警告が出る可能性がありますが、ウィルスではありません。気にせずにダウンロードをしてください。

●工夫
以前、「コントロール」のおすすめ入門書にて紹介した書籍を参考にして「コントロール画面」でインストール操作をするようにしました。

Macro_installer

また、ワード文書そのものからマクロを実行させるという仕組みも初めて作りました。案外いろんなことができるものです。

お試しください。

●書籍の関連ページ
ワードで実践」に関連ページがありますので、ご参照ください。

P279の「隠しフォルダを表示させる」の記事に、テンプレートフォルダ(Template)の場所が示されています。

また、P285~P290に、セキュリティの設定方法とアドインの方法が細かく記載されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

「マクロの呼出方法の選択と割付」の紹介

マクロの登録方法を紹介されているホームページがあります。

特許実務家・翻訳実務家の道具箱 という弁理士の畠山先生のホームページです。

このホームページには、特許翻訳に役に立つワードマクロが紹介されていたり、関連ページが紹介されていたりと非常にお得な内容になっています。ぜひご覧になってください。

その中でも、きわめて役に立つページがあります。それが、マクロの呼出方法の選択と割付というページです。

このページでは、作ったマクロをメニューバーのボタンに登録したり、マウスの右クリックに登録したりする方法が、なんと「動画」でわかりやすく説明されています。

畠山先生からリンクの許可をいただきました。また、この動画を作ったフリーウェアまでご紹介いただきました。畠山先生、ありがとうございます。

チュートリアル用動画作成のフリーソフト「Wink」

いままで、ボタンの作り方や右クリック登録方法を、なんとか上手に説明したいと思っていたのですが、僕が説明するまでもないですね。

動画はやっぱりわかりやすくていいですね。僕も、マクロを学び始めたときには、プロのプログラマの先生から画面で示して説明してもらったためにハードルが一気に下がったのを覚えています。

本で読むと数ページの説明が、目の前で先生が示してくれると、案外簡単な説明ですんなりと理解できます。

僕にとっては、パソコンの操作を目で見て理解するのはすごく効果的でした。

ぜひ、畠山先生の「マクロの呼出方法の選択と割付」のページをご活用ください。

あと、畠山先生の「地球温暖化防止協力ウエア」という考え方、新しくて素敵です。共感されるかた、ぜひ何かしらの第一歩を一緒に踏み出しましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)