カテゴリー「▼右クリックでGoogle!」の8件の記事

2010年4月12日 (月)

右クリックでGoogle! Windows 7に対応!

お待たせいたしました。

先日紹介したバージョンアップ版が、ようやく、Windows 7に対応いたしました。
動作確認はしておりませんが、Vistaでも動くと思います。

こちらからダウンロードしてください。

また、Word 2007でも動作確認をいたしました。

もし動かない場合には、ご連絡ください。
対処方法を検討させていただきます。

▼変更点
ini.ファイルの保存場所を新しく作りました。

(変更前)
「WINDOWS」フォルダ

(変更後)
ユーザーテンプレートフォルダ内の「みんなのワードマクロ」フォルダ

▼変更理由
Vista以降、ウィンドウズのOSのセキュリティが厳しくなったと聞きました。

ユーザーがWINDOWSフォルダに情報を書き込むことができなく
なったようです。

よって、今までWINDOWSフォルダに保存していた諸々の情報が
記載されたini.ファイルの保存場所を変更したのです。

今後、このブログで紹介するマクロで、ini.ファイルを使う場合には、
すべてこの「みんなのワードマクロ」フォルダに保存するようにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

「右クリックでGoogle!」のバージョンアップ版の公開!!

今回のバージョンアップは、今までとひと味もふた味も違います!!

先日、ベクターに新しいバージョンの「右クリックでGoogle!」を登録いたしました。

最新版への更新情報は、こちらです。

随時アップデートしています。

マニュアルが長い理由は、使い方をやたら詳しく書いたから。
あと、新機能の説明を丁寧にしました。

今回のバージョンには、Googleのオプション検索を利用できる
ダイアログ画面が開くような仕組みになっています。

こんなかんじ。

Vct_googlesearch2_2

右クリックでこの画面を起動して、あとはタブやマウスで
カーソルを移動して、必要な項目を入力していきます。

マニュアルに、翻訳に役立つ具体的なコマンド例も記載しましたので
そちらもご利用ください。

次の図のとおり、表示条件の設定なども、好みに合わせて変更できるので、
なかなか使い勝手はいいと思います。

ユーザーがそれぞれの使い勝手をカスタマイズできるところが
うれしいんじゃないかな?と思っています。

Vct_googlesearch3_2

操作は簡単。今まで通りの「右クリックでGoogle!」もついております。

右クリックメニューに、上記の画面起動用のメニュー「Google詳細検索」
を追加しました。

Vct_googlesearch1

ダウンロードはベクターサイトから。

インストーラーも同封されております。

すでに「右クリックでGoogle!」の古いバージョンをお使いの方は、
古いマクロテンプレートを削除いただいて、今回のマクロを
インストールしてください。

動作の不備などございましたら、ご連絡ください。

なお、WinXp + Word2003 と WinXp + Word2000 で動作確認しました。

翻訳者やライターの皆様のお役に立てればうれしいです。

▼作成経緯
2009年6月22日にアイディアをメモ。

2009年6月24日にプログラム作成開始。

2009年7月プログラム完成。→試運転と微調整開始。

2009年8月マニュアル完成。

2010年2月マニュアル修正・プログラム公開。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

ぐーぐる検索用の右クリックマクロ(プログラム文の最適化)

2010年2月にバージョンアップしました。最新版はこちら

「右クリックでぐーぐる」のプログラム文を更新してみました。
「googlesearch3.dot」をダウンロード

先日、OHTAさんからご指摘をいただき、以前紹介した
「右クリックでぐーぐる」マクロを再検証してみました。

すると、インストールするパソコンによっては、
右クリックメニューが正常に表示されないことが
わかりました。

今回紹介するマクロは、右クリックメニューを表示させる
プログラム文を変更したアップデート版です。
(変更方法は、こちらに紹介したものをそのまま採用)

さらに、ワイルドカードのマクロも簡素化しました。
(簡素化方法は、こちらに紹介したものをそのまま採用)

最近の私の学んだことを反映した最新版(自己満足版)ですね。

▼以前の「右クリックでぐーぐる」をご利用いただいている皆様へ

古いバージョンの「右クリックでぐーぐる」マクロを利用されていて、
作動に問題がない場合は、別に入れ替える必要はありません。

もし、入れ替える場合には、古いバージョンのマクロテンプレートを
削除してから、今回のテンプレートをインストールしてください。

▼インストール方法
こちらをご覧ください。

▼利用方法
ワードで文章を入力時に文字列を選択して右クリックをすると
メニューが表示されます。

メニューをクリックすると、インターネットブラウザが起動し、
グーグルでの検索結果が表示されます。

詳細は、かつての記事を参考にしてください。

ぐーぐる検索用の右クリックマクロ(ワイルドカード対応版)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

アルクの「英辞郎 on the WEB」で検索(テンプレート版)

先日、こちらの記事にOHTA さんからご要望いただきましたテンプレートの紹介です。

右クリックでアルクの「英辞郎 on the WEB」の検索ができるマクロのテンプレートです。

「eijiro_search.dot」をダウンロード

こちらを参考にしてインストールをしてください。

▼正常に機能しない理由
OHTAさんにご指摘いただいたとおり、私が掲載した
マクロプログラムには不備がございました。

どういうわけか、間違った箇所に改行が入っているので、
ブログに掲載したマクロをVBEにコピーしてもうまく機能
しないことがわかりました。

大変失礼いたしました。
本記事の後半にプログラム文を再度掲載します。

▼ショートカットメニューの表示方法(その1)
右クリック時に表示されるメニューのことを「ショートカットメニュー」
と呼びます。

このショートカットメニューを使うと、マクロの実行が非常に
簡単になります。

ショートカットメニューにマクロを表示する方法については、
こちらの記事をご覧ください。

同様に、この方法で削除することができます。
表示されているメニューをドラッグすると消すことができます。

誤って削除すると、簡単には元に戻せないのでご注意ください。

▼ショートカットメニューの表示方法(その2)
特定のマクロを登録するマクロもあります。
こちらの記事をご覧ください。

今回紹介するテンプレートは、上記記事で紹介したショートカットメニュー作成の
マクロを用いましたので、本記事の後半のプログラムをご覧ください。

▼英辞郎 on the WEBのマクロ(不要な改行を削除しました)
Sub 英辞郎で検索()

      Dim word As String
      Dim URL As String

10    word = Selection
20    URL = "http://eow.alc.co.jp/" & word

30    ActiveDocument.FollowHyperlink Address:=URL, NewWindow:=False, AddHistory:=True

End Sub

▼ショートカットメニューの登録(ワード起動時)
Sub AutoExec()

10       On Error GoTo AutoExec_Error

      '通常テキスト入力時のショートカットメニュー追加処理
20    With Application.CommandBars("text")
         
          'すでに「英辞郎検索」のショートカットメニューがあれば削除
30        .Controls("英辞郎検索").Delete
         
          '「英辞郎検索」のショートカットメニューの追加
40        With .Controls.Add(Type:=msoControlButton, Before:=4)
50            .Caption = "英辞郎検索"
60            .OnAction = "英辞郎で検索"
70        End With
         
80    End With

      '表中のテキスト入力時のショートカットメニュー追加処理
90    With Application.CommandBars("table text")
         
          'すでに「英辞郎検索」のショートカットメニューがあれば削除
100       .Controls("英辞郎検索").Delete
         
          '「英辞郎検索」のショートカットメニューの追加
110       With .Controls.Add(Type:=msoControlButton, Before:=4)
120           .Caption = "英辞郎検索"
130           .OnAction = "英辞郎で検索"
140       End With

150   End With

160      On Error GoTo 0
170      Exit Sub

AutoExec_Error:

          'ショートカットメニューがない場合には、削除処理を無視する
180       If Err = 5 Then
190           Resume Next
200       Else
210           MsgBox Err.Description & vbCr & vbCr & _
                  "eijiro_searchにエラーが発生したので終了します。"
220       End If
         
End Sub

▼ショートカットメニューの削除(ワード終了時)
Sub AutoExit()

10       On Error GoTo AutoExit_Error

20    Application.CommandBars("text").Controls("英辞郎検索").Delete
30    Application.CommandBars("table text").Controls("英辞郎検索").Delete

40       On Error GoTo 0
50       Exit Sub

AutoExit_Error:
         
          'ショートカットメニューがない場合には、削除処理を無視する
60        If Err = 5 Then
70            Resume Next
80        Else
90            MsgBox Err.Description & vbCr & vbCr & _
                  "eijiro_searchにエラーが発生したので終了します。"
100       End If

End Sub

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

アルクの「英辞郎 on the WEB」で検索(右クリックでグーグルの続編)

以前紹介させていただき好評だった選択した文字列をグーグルで検索するマクロの続編です。

ご愛用者の方から、アルクの「英辞郎 on the WEB」でも同じように検索結果を表示するマクロがほしいとのご提案をいただき、さっそく作ってみました。

便利ですね。ご提案をありがとうございました。

プログラムの基本は、グーグルの場合と同じです。表示するページのURLを示す着色部分だけを変更しました。

●プログラム

Sub 英辞郎で検索()

Dim word As String

Dim URL As String

word = Selection

URL = "http://eow.alc.co.jp/" & word

ActiveDocument.FollowHyperlink Address:=URL, _

NewWindow:=False, AddHistory:=True

End Sub

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

ぐーぐる検索用の右クリックマクロ(ワイルドカード対応版)

右クリックメニューが正確に表示されるようにプログラムを修正しました。
修正テンプレートは、
こちらをご覧ください。(2010/01/22)

また、最新のバージョンでは、コマンド検索もできるようになりました。
こちらをご覧ください。(2010/02/07)

好評だったグーグルの右クリック検索の最新版です。下記のテンプレートには、以前紹介した通常のグーグル検索およびグーグルのフレーズ検索のマクロプログラムも下のテンプレートに含まれています。前回のgooglesearch1.dotをお持ちの方は、googlesearch1.dotを削除してお使いください。

「googlesearch2.dot」をダウンロード

Googlemenue2_2

●動作
全角または半角のスペースで区切られた複数の単語を選択してこのマクロを実行すると、区切られた箇所すべてにワイルドカード * が挿入されて検索されます。

詳しい使い方は、以前紹介したグーグル検索の記事をご覧ください。

●用途
翻訳時に、英語のコロケーションの確認につかっています。

●プログラムの工夫
選択範囲に「スペースで区切られた複数の単語」が含まれていないときに警告メッセージを表示するようにしました。プログラムでは、複数の単語を探すように命令文が書かれています。もし、選択範囲に複数の単語がない場合、ワードの性質上、選択範囲外の単語を探しにいってしまいます。このため、まず、選択範囲内に複数の単語があるのか否かを判断するようにしました。付け足しのコード文が多いため、読みにくいと思いますが、上記の目的のためにいろいろと条件文を組みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

グーグルのフレーズ検索マクロ

先日のグーグルの右クリックマクロの応用版です。最新のテンプレートはこちら。

通常のグーグル検索のプログラムとの違いは、キーワードの前後に%22があるということです。これが「"」ひとつを意味するみたいです。

グーグルの通常の検索結果のURLとフレーズ検索のURLとの比較して上記のことに気がつきました。

●プログラム

Sub フレーズでグーグル検索()

Dim word As String
Dim URL As String

word = Selection
URL = "http://www.google.co.jp/search?q=%22" & word & "%22&lr="

ActiveDocument.FollowHyperlink address:=URL, NewWindow:=False, AddHistory:=True

End Sub

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

選択した文字列をグーグルで検索

選択されている文字列を、グーグルで検索するためのプログラムです。

使い勝手をよくするために、右クリックでマクロが実行されるようにテンプレートに設定しました。

●テンプレートのマクロの説明

このページの下に掲載されているテンプレートファイル「googlesearch1」をダウンロードして、ワードのStartUpフォルダもしくは、templateフォルダにコピーしてご利用ください。

選択された文字列の上にカーソルをあわせて右クリックをします。メニューに「グーグル検索」と表示されるので、そのメニューを選ぶと、インターネットブラウザが自動で立ち上がり、検索結果画面を表示します。

●プログラムの内容

Sub グーグル検索()

Dim word As String
Dim URL As String

word = Selection
URL = "
http://www.google.co.jp/search?q=" & word

ActiveDocument.FollowHyperlink address:=URL, NewWindow:=False, AddHistory:=True

End Sub

「googlesearch1.dot」をダウンロード →googlesearchの最新版へ

Googlemenue

| | コメント (0) | トラックバック (1)